ドイツ総選挙、社会民主党が僅差でリード

ドイツ総選挙、SPD本部で歓声

ベルリン(CNN) ドイツ総選挙が26日投開票され、出口調査によれば、左派のドイツ社会民主党(SPD)が僅差でリードしていることがわかった。しかし、接戦となった選挙の最終的な結果は依然として確定していない。

フォアシュングス・グルッペ・バーレンの出口調査によれば、SPDの得票率は25.7%。メルケル首相のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)の得票率は24.6%だった。これに、緑の党の同14.4%や、ドイツのための選択肢(AfD)の同10.7%が続いている。

得票が僅差だったことは、今回の総選挙は現時点では勝敗の予想がつかないほどの接戦で、次期政権や次期首相について予測するのが不可能なことを意味している。郵便投票も多くが未集計のままだ。

SPD本部で手を振るショルツ副首相/Odd Andersen/AFP/Getty Images
SPD本部で手を振るショルツ副首相/Odd Andersen/AFP/Getty Images

いずれの政党が第1党となったとしても、政権樹立には長期間にわたる交渉が予想される。

しかし、SPDにとっては、CDUとの接戦は躍進といえそうだ。前回行われた2017年の選挙時、SPDの得票率は20.5%だった。

SPDのショルツ副首相は党本部で、「有権者はSPDの議席増を決めた。そして、これは大きな成功だ」と述べた。ショルツ氏は自身が次期首相となることを有権者が望んでいるとの見方も示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]