メキシコ南西部でM7の地震、津波の恐れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
地震後の崩落などで破損した車両=7日、メキシコ・ゲレロ州/Francisco Robles/AFP/Getty Images

地震後の崩落などで破損した車両=7日、メキシコ・ゲレロ州/Francisco Robles/AFP/Getty Images

メキシコ市(CNN) 中米メキシコで7日夜、大きな地震が発生した。米地質調査所(USGS)によれば、震源地はゲレロ州ロス・オルガノス・デ・サン・アグスティンの東北東約4キロで、深さは約12.6キロ。

米海洋大気局(NOAA)によれば、津波警報システムが地震後の津波の恐れがあるとしている。

メキシコ市のシェインバウム市長はツイッターで、今のところ大きな被害は出ていないと投稿した。メキシコ市は震源地から約372キロ離れた位置にある。シェインバウム市長によれば、一部で停電が発生し、当局が復旧に向けて作業を行っている。市内の地下鉄は検査手続きを実施後、運行を再開した。

メキシコでは地震は珍しいものではない。1985年に起きたM8の地震では推計9500人が死亡した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]