米軍機から落下した犠牲者は10代のサッカー選手 必死にアフガン脱出模索し死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アフガニスタンの体育教育・スポーツ総局はアンワリさんの写真をSNSに投稿した/Afghanistan's General Directorate of Physical Education and Sports

アフガニスタンの体育教育・スポーツ総局はアンワリさんの写真をSNSに投稿した/Afghanistan's General Directorate of Physical Education and Sports

(CNN) アフガニスタンの首都カブールがタリバーンに制圧された翌日、米軍の輸送機から落下して死亡した犠牲者の1人は、10代のユースサッカーアフガン代表選手だったことが分かった。同国の体育教育・スポーツ総局が19日、SNSに投稿した声明で確認した。

声明では「ナショナルチームのユースフットボール選手の1人、ザキ・アンワリが、恐ろしい事故のために命を落としたという情報が入った」と述べ、アンワリさんは「この国の何百人もの若者と同様に、懸命に出国しようとした。彼は米軍機から落下して命を落とした」と伝えた。

タリバーンがアフガニスタンの首都カブールを制圧した翌日の16日、カブールの国際空港には必死の思いで脱出の道を探ろうと、何百人もの人が殺到した。

滑走路を走り始めた米軍輸送機C17の着陸装置には、数人がしがみついていたが、同機はそのまま速度を上げ続けた。直後に撮影された動画は、カブール上空を上昇するC17の機体から、少なくとも2人が落下する様子をとらえていた。

アフガニスタンの身体・スポーツ総局はアンワリさんについて、「米国でのより良い未来」を求めて「飛行中に地面に落下した数人」の中の1人だったと述べ、「彼らは死亡して殉教者になった」と若者の死をいたんだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]