アフガン国防相代行の自宅付近で爆発、襲撃犯4人殺害 カブール

国防相代行の自宅付近で爆発 アフガン首都

(CNN) アフガニスタン首都カブールにあるモハマディ国防相代行の自宅付近で3日、自動車爆弾が爆発した。アフガン治安部隊は現場で襲撃犯4人を殺害した。

爆発当時、モハマディ氏は自宅におらず、家族も無事だった。

爆発が起きたのは、政府軍が南部ヘルマンド州州都ラシュカルガの住民に対し、反政府勢力タリバーンへの作戦実施前に避難するように呼び掛けた数時間後だった。

犯行声明は出ていない。

政府軍幹部はラシュカルガの住民に、タリバーンが活動する地区にいる場合は自宅を離れるように要請した。軍がタリバーンへの攻勢を強める中で、作戦の実効的な実施には住民の避難が最適だとしている。

国連アフガニスタン支援ミッション(UNAMA)は3日、過去24時間で少なくともラシュカルガの市民少なくとも40人が死亡し、118人が負傷したと発表した。「国連は市街での戦闘を即時中止するように求める」と述べた。

国際人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチも国連に同調し、無差別攻撃は「ラシュカルガで壊滅的な死傷者を出す」として懸念を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]