トルコで山火事続発、8人死亡 観光客2千人超が船で避難

マナウガト近郊のカーリ村で消火活動に当たる消防士=30日/AP

マナウガト近郊のカーリ村で消火活動に当たる消防士=30日/AP

トルコ南部マナウガト(CNN) トルコ南部の地中海沿岸部を中心に先週から100件以上の山火事が続発し、国営アナトリア通信によると少なくとも8人が死亡した。

同通信によれば、南部アンタルヤ県のマナウガトで7人、南西部ムーラ県のマルマリスで1人が死亡した。

トルコ農林省によると、先月28日から全国で計111件の火災が発生し、1日の時点で3都市の計6件が延焼中。31日には消防士2人が死亡したという。

マナウガト付近の山火事被害の様子を空撮=30日/AP
マナウガト付近の山火事被害の様子を空撮=30日/AP

リゾート地として知られるムーラ県の港町ボドルムからは、31日にボート20隻あまりで1100人、1日には12隻で1140人の観光客が避難した。地元当局者は、道路も通行可能だが消防車や救急車を優先させていると説明した。

エルドアン大統領はヘリコプターで現場を視察した後、地中海沿岸の5県を災害地域に指定した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]