米軍がタリバーン攻撃、奪われた装備を標的に アフガン南部

米国防総省の建物/Staff/AFP/Getty Images

米国防総省の建物/Staff/AFP/Getty Images

(CNN) 米軍が23日までに、アフガニスタン南部カンダハル州でアフガン軍を支援して、反政府勢力タリバーンを夜間に2度にわたって攻撃した。複数の国防当局者が明らかにした。

米軍はアフガンからの撤収の最終段階に入っているが、アフガン国防治安部隊(ANDSF)支援の攻撃を実行する権限は維持している。ただ、そうした攻撃の回数はここ数週間で減少していた。

国防当局者によると、米軍が過去30日の間に実施した攻撃は約6~7回で、ほとんどがドローンを使用した。別の当局者によれば、以前はアフガン軍支援の攻撃をもっと頻繁に実施していた。

米国防総省のジョン・カービー報道官は22日の記者会見で、「過去7日の間に空爆を通じて行動し、ANDSFを支援した。だがそうした攻撃に関する技術的詳細には踏み込まない」と述べた。

当局者によると、直近の4回の攻撃のうち3回は、奪われた装備を標的とした。この中には、米軍からANDSFに移転した後にタリバーンに奪われた装備も含まれる。

米軍の撤収が最終段階に入る中、タリバーンは全土で勢力を拡大し、アフガン軍を後退させて、広大な領土を掌握しつつある。

アフガンを管轄する米中央軍によると、米軍の撤収は95%以上完了した。ジョー・バイデン大統領は、8月末までに撤収を完了すると表明している。

マーク・ミリー米統合参謀本部議長は21日、タリバーンはアフガニスタンの419地区のうち、約212~213地区を掌握したと述べていた。34州の州都はどこも制圧されていないものの、人口密集地を孤立させる目的で、その半数を包囲しているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]