中国山東省の家族、2歳で誘拐された息子と24年ぶりに再会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
24年前に行方不明になった男性が家族らと再会した/Liaocheng Police

24年前に行方不明になった男性が家族らと再会した/Liaocheng Police

香港(CNN) 中国東部の山東省聊城市に住む家族が、24年前に2歳で誘拐された息子と涙の再会を果たした。

同市の警察が12日に発表したところによると、26歳になった郭新振(グオシンジェン)さんは11日に家族のもとへ戻った。警察が公開した再会場面の映像では、家族が「見つかった。帰ってきてくれた」と泣きながら新振さんを抱き締めている。

両親の話によると、新振さんは1997年、自宅近くで見知らぬ女性に連れ去られた。当局は血液やDNAのサンプルを採取したが、当時の技術では事件を解決できなかった。それでも捜査は打ち切られることなく続けられた。

父親の郭剛堂(グオガンタン)さんは、バイクで息子を捜す旅に出た。国営新華社通信によれば、ビラを詰めたかばんと新振さんの写真の旗だけを持ち、バイク10台を乗りつぶして50万キロも走り続けた。貯金を使い果たし、多額の借金を抱えてしまった。息子を見つけることはできなかったが、誘拐された子ども100人以上の行方を追い、家族と引き合わせたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]