ジョンソン英首相、コロナ規制解除の4週間延期を発表

ロックダウン(都市封鎖)措置に抗議する人々=2020年11月、ロンドン/Tolga Akmen/AFP/Getty Images

ロックダウン(都市封鎖)措置に抗議する人々=2020年11月、ロンドン/Tolga Akmen/AFP/Getty Images

政府は今後、41歳以上の人がワクチンを受ける間隔を、現在の12週間から8週間まで短縮する方針。来月19日までには、先月中旬の時点で1回目を打っていた41歳以上の人は全員が2回目を済ませ、19歳以上は全員が1回目を接種できる見通しだ。

結婚式をめぐる規制だけは14日から緩和され、出席者30人までという人数制限が外された。

ジョンソン氏は今回の延期が最後になると述べ、解除が4週間以上先になることはないと強調した。感染状況によっては来月5日に解除することもあり得るが、その可能性は低いとみられる。

英国では昨年3月23日にジョンソン氏が外出禁止を発表してから、常に何らかの規制が敷かれてきた。

与党・保守党の議員らは公の発言を控えているが、規制解除の延長は必ずしも支持されていない。ワクチンの効果で死者や入院患者の数が減っているなか、規制が経済や生活に与える影響は大きすぎるとする意見や、ジョンソン氏が議会への相談なしに延期を発表したことに対する不満の声も聞こえる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]