英女王、議会で施政方針 フィリップ殿下死去後で初の主要公務

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英エリザベス女王、議会で施政方針

ロンドン(CNN) 英国のエリザベス女王は11日、議会で、ジョンソン首相の施政方針を発表した。エリザベス女王にとっては夫のフィリップ殿下の死去後で初の主要な公務となった。

女王が新会期の開始に伴って施政方針を読み上げるのは慣例で、数年前まではフィリップ殿下も参加していた。今回の発表時には長男のチャールズ皇太子が付き添った。

今回発表された施政方針の中には、議論を呼んだ警察の権限拡大をめざす法案や環境関連の目標に関する法的な拘束を求める法案、健康や社会サービス分野の改革などが盛り込まれた。

ジョンソン首相はまた、新型コロナウイルスからの全国的な回復の実現や教育の改善、住宅の整備の加速などをうたっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]