中国政府、新疆弾圧で引き離される親子について声明 「親らはテロリスト」と主張

5年会っていないという娘の取材動画を視聴するマムジャン・アブドゥレヒムさん/CNN

5年会っていないという娘の取材動画を視聴するマムジャン・アブドゥレヒムさん/CNN

(CNN) 中国西部・新疆ウイグル自治区に残した我が子と会えない状態が続いているとウイグルの家族2組が公に訴えた問題で、中国政府は先ごろ、親たちの方が子どもたちを放棄したと反論する声明を発表した。またこれらの親たちはテロ行為にかかわっているとの見方も示した。どちらの主張についても証拠は挙げていない。

当該の親たち3人も声明を出して中国政府の主張を否定。中国当局に対し、家族の再会を認めるよう要求した。

CNNは3月、新彊での弾圧の結果、親子が引き離されることになった2組のウイグルの家族について報じた。米国は中国によるウイグルの扱いを「ジェノサイド(集団殺害)」と認定。2017年以降、最大200万人のウイグル他イスラム教徒の少数民族が強制収容所に送られていると指摘する。

中国政府は人権侵害が行われているとの主張を否定。新彊での政策は宗教的な過激主義やテロリズムを根絶するためのものだと正当化している。

オーストラリアで暮らすマムジャン・アブドゥレヒムさんは、3月のCNNの取材に対し、妻と2人の子どもに5年間会えていないと語った。3人は新たなパスポートの申請のため、当時住んでいたマレーシアから新彊のカシュガルに里帰りしたきり、出国できなくなった。

子どもたちは現在、新彊の祖父母の家で別々に暮らしている。妻は収容施設に送られたとマムジャンさんは考えている。

マムジャン・アブドゥレヒムさん(左)ら4人の家族写真。2015年、マレーシアで撮影/Obtained by CNN
マムジャン・アブドゥレヒムさん(左)ら4人の家族写真。2015年、マレーシアで撮影/Obtained by CNN

もう1組の家族、マムティニン・アブリキムさんと妻のミフリバン・カデルさんは2016年に新彊からの脱出を余儀なくされた。ミフリバンさんが6人目の子どもを身ごもり、当局による強制的な中絶や不妊手術の対象とされる恐れが出てきたためだ。

旅行代理店から家族全員のビザを申請しようとするのは危険すぎると告げられ、夫婦は年長の4人の子どもを残し、イタリアに移り住んだ。イタリアで子どもたちのビザ認可に必要な書類の承認を得たものの、子どもたちは20年7月、上海のイタリア領事館へビザを受け取りに行ったところで当局者に出国を阻止された。

12~17歳の子どもたちは4人全員、国の運営する新彊ファイザバード県にある孤児院に入れられた。中国政府によると、子どもたちは「普通の生活を送り、地元の学校に通っている」という。

CNNは3月に新彊入りし、マムジャンさんの10歳の娘の居所を突き止めてインタビューを行った。またアブリキムさんとミフリバンさん夫妻の子どもの1人ともビデオ通話でやり取りした。

両親へのメッセージを持って写真に収まるアブリキムさんとミフリバンさんの子どもたち/Obtained by CNN
両親へのメッセージを持って写真に収まるアブリキムさんとミフリバンさんの子どもたち/Obtained by CNN

同月15日、記事の公開に先駆け、CNNは中国政府にこれらの家族の訴えに対するコメントを求めたが返答はなかった。さらに家族についての番組を放送する前の同22日にも詳細な質問状を送ったが、やはり返答はなかった。

ところが今月2日、中国政府はCNNにあてて1ページの声明を送付。その中で上記の3人の親たちについて「過激主義を帯びた宗教的」信念を抱いていると主張した。また外国から新疆に戻ってこないことで子どもたちを見捨てているとも糾弾した。ウイグルや他の少数民族がしばしば語るところによると、彼らは新彊に戻れば直ちに拘束される恐れがある。

中国政府はマムジャンさんの妻のムヘレムさんについて、「民族的憎悪をあおった」罪で禁錮9年の判決を受けたと説明。夫の「過激主義を帯びた宗教的」見解に影響を受けているとした。

中国側は自分たちの主張を裏付ける証拠を一切示していない。またムヘレムさんの有罪判決の詳細も明らかにしていない。3人の親たちはこうした主張を激しく否定する。

イタリアで3人の子どもたちと暮らすアブリキムさん(左)とミフリバンさん/Obtained by CNN
イタリアで3人の子どもたちと暮らすアブリキムさん(左)とミフリバンさん/Obtained by CNN

アブリキムさんとミフリバンさん夫妻は声明で「子どもたちを見捨てるはずがない。そうではなく、中国政府が彼らを私たちの下に来させないのだ」と強調した。

中国政府が自分たちを「暴力的なテロ組織の主要メンバー」と根拠なく述べていることについては、もしそうならイタリアが自分たちの亡命申請を認めるはずがないと否定した。

そのうえで中国政府に自分たちの子どもたちを返すよう強く要求。「我々が求めているのはそれだけだ」と訴えた。

マムジャンさんも、中国政府が自分のことをテロリストだと主張していることについて「ばかげている」と反論。中国政府に対し、妻を釈放するように要求した。

CNNのインタビューを受けた後、マムジャンさんの娘のムフリセさんは中国の国営テレビの番組に登場し、自分と弟は祖父母と幸せに暮らしていると話した。

またCNNの番組が放送された後にはアブリキムさんとミフリバンさんの長女ズメリエムさんの動画がツイッターに投稿された。その中でズメリエムさんは、両親が自分やきょうだいを見捨てたと話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]