1日の感染者が21万人超の最多、宗教行事に苦慮 インド

インド北部アラハバードで保健当局者から新型コロナ検査用のサンプルを採取される男性/Sanjay Kanojia/AFP/Getty Images

インド北部アラハバードで保健当局者から新型コロナ検査用のサンプルを採取される男性/Sanjay Kanojia/AFP/Getty Images

(CNN) インド保健省は16日、新型コロナウイルスの新規感染者数が同日、21万7353人に達し、1日当たりとしては過去最多となったと報告した。3日連続の最多の更新となった。

新たな死者数は1185人だった。同省によると、累計の感染者数は16日時点で1420万人以上で、死者は17万4000人に上った。

同国では全国各地から多数のヒンドゥー教徒が押し寄せる世界最大規模の巡礼行事が北部ウッタラカンド州ハリドワルで4月1日から始まり、今月いっぱい続く。ガンジス川での儀式や沐浴(もくよく)などが続き、巡礼行事の節目とされる今月12、14両日には少なくとも400万人が集結したとされる。

ハリドワルでは新型コロナの感染者が激増し、巡礼行事が大きな感染リスクを招くとの専門家の強い懸念が現実となった。同州の保健省によると、1日以降に判明した新規感染者数は4349人で、1日当たりでは約500~600人となっている。

感染者の増加を受け州政府は新たな活動制限措置を講じ、州全土での外出禁止や公の場で集まる人数の上限などを打ち出した。

ただ、巡礼行事はこの制限措置の対象から除外された。予防策に関する指針は維持されており、全ての巡礼者に健康状態の詳細に関するオンラインでの報告や新型コロナ検査での陰性証明を求めている。

行事に参加するある団体はハリドワルの感染状況を踏まえ、ウッタラカンド州外から訪れた宗徒に地元へ戻るよう促している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]