クーデター以降の死者550人以上か、CNNの取材後に連行も ミャンマー

燃えるバリケードの横を通過する車両=3日、ミャンマー・ヤンゴン/STR/AFP/Getty Images

燃えるバリケードの横を通過する車両=3日、ミャンマー・ヤンゴン/STR/AFP/Getty Images

(CNN) ミャンマーのクーデター以来、軍の弾圧による死者はすでに数百人に上ったとみられる。現地でCNNの取材を受けた後、複数の市民が連行されたとの情報もある。

隣国タイを拠点に政治犯を支援する団体AAPPによると、ミャンマーでは軍の弾圧でこれまでに計550人以上が死亡した。

AAPPによれば、2日までに拘束されたのは少なくとも2751人。この中にはジャーナリスト、デモ参加者、活動家、政府職員、労働組合メンバー、学生や子どもが含まれ、夜間に自宅から連行されるケースも多い。

最大都市ヤンゴンの市場では2日、CNNのチームが数人の地元住民を取材。このうち、市場の店で働く女性2人が、抗議運動で使われる3本指のサインを掲げた。目撃者らによると、チームが立ち去ってから3~5分以内に治安当局者らがこの2人を拘束し、取り調べ施設へ連行した。

別の市場でも同日、CNN取材班がインタビューした地元住民のうち男女2人が連行され、1人が逃げて拘束を免れたとされる。

2人の親戚に当たる女性が取材班に直接事情を説明したところ、取材班が立ち去った後でこの女性も拘束されたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]