ロシア、動物向けコロナワクチンを承認 世界初を主張

ウサギを使って動物向け新型コロナワクチンの実験を行うロシアの専門家/VETANDLIFE.RU/Handout/Reuters

ウサギを使って動物向け新型コロナワクチンの実験を行うロシアの専門家/VETANDLIFE.RU/Handout/Reuters

(CNN) ロシアのタス通信は3月31日、同国の動物検疫当局が動物向けの新型コロナウイルスのワクチンを開発し、ロシア国内で承認されたと報じた。動物を新型コロナから守るワクチンは世界で初めてとも伝えた。

このワクチンの名称は「カルニワク・コブ」で、肉食獣の感染を防ぐ不活化ワクチンとなっている。タス通信によると、早ければ今月初旬にも大量生産が始まる可能性がある。

動物検疫当局の幹部によると、このワクチンの実験は犬、ネコ、キツネ、ミンクや他の動物を対象に昨年10月に開始。投与された全ての動物が抗体機能を示したという。研究結果を受け、ワクチンは安全で強い免疫性を有すると結論づけた。

有効性は半年ほど維持されるとも推定している。

同幹部によると、このワクチンはウイルスの変異を防ぐ効果を持つとも主張。ギリシャ、ポーランドやオーストリアの多数の企業が購入を計画し、米国、カナダやシンガポールの企業も関心を示しているとした。

デンマークでは昨年5月、ミンクが新型コロナウイルスの変異株を伝播(でんぱ)させているとの懸念が生じたため計1700万匹を殺処分にする騒ぎがあった。世界保健機関(WHO)は新たな報告書で、新型コロナは動物を通じて人間にうつる可能性があるとも指摘していた。

ロシアは昨年、人間向けの新型コロナウイルスワクチンを世界で最初に承認する国ともなっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]