座礁コンテナ船の大部分が浮かぶ、29日中には完全に離礁へ スエズ運河

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

座礁コンテナ船が浮かぶ

エジプト・カイロ(CNN) 世界の海上交通の要衝、エジプトのスエズ運河で座礁した大型コンテナ船「エバーギブン」の船体の大部分が離礁に成功した。

23日に座礁してから約1週間、大型船を動かそうと昼夜を問わず作業が続けられていた。

スエズ運河庁(SCA)のトップは国営テレビとの電話インタビューで、「コンテナ船は引っ張る動きに反応し、浮き始めることに成功した」と説明。船がけん引されたら、(スエズ運河に隣接する)ビター湖に運ぶ予定だと語った。

座礁していた船尾部分が離礁した映像が現場の作業員からCNNに届いた/CNN
座礁していた船尾部分が離礁した映像が現場の作業員からCNNに届いた/CNN

SCAによると、同船が完全に離礁するのは29日遅くになる予定。

現場から届いた映像からは、船尾が座礁していた土手から離れ、運河の方向に向いていることがわかる。当局は船尾を土手から引き離しながら、船首を引っ張ろうと作業をしている。

エバーギブンの近くでタグボートが作業/Suez Canal Authority/EPA-EFA/Shutterstock
エバーギブンの近くでタグボートが作業/Suez Canal Authority/EPA-EFA/Shutterstock

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]