ロシアのプーチン大統領、非公開でワクチン接種

ロシアのプーチン大統領が新型コロナのワクチンを接種したことが分かった/Alexei Druzhinin/Sputnik/Kremlin Pool/AP

ロシアのプーチン大統領が新型コロナのワクチンを接種したことが分かった/Alexei Druzhinin/Sputnik/Kremlin Pool/AP

モスクワ(CNN) ロシア大統領府は、プーチン大統領が23日に新型コロナウイルスのワクチン接種を受けたことを明らかにした。ただし接種場面の写真や映像は公開されていない。

ペスコフ大統領報道官はCNNとのインタビューで接種を確認し、本人の体調は良好だとコメント。翌日の執務も通常通りになると述べた。

ペスコフ氏はこれに先立ち、接種を非公開とすることについて、プーチン氏はもともとワクチン接種の撮影には否定的だったと説明した。

また、ワクチンの種類はあえて公表しないとしたうえで、ロシア国内で開発された「スプートニクV」「エピバックコロナ」、「コビバック」のうちどれかだと語り、3種類の「信頼性と有効性」を強調した。

プーチン氏は昨年末の時点で接種対象に入っていたが、これまでは接種に消極的とされていた。

ロシアでは医療への不信感が根強く、国民のワクチン接種率も依然として低い。1億4600万人近い人口のうち、少なくとも1回の接種を受けた人は700万人足らず。独立系調査機関レバダ・センターによる最近の世論調査では、接種を希望する人が3割前後にとどまった。

一方、スプートニクVはすでに東欧など少なくとも56カ国で承認されている。中南米では少なくとも9カ国が承認し、その大半で配布が始まった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]