ノーベル物理学賞、ブラックホール研究の3氏に

2020年のノーベル物理学賞にはブラックホールの研究を評価し、研究者3人が選出された/Getty Images/Max Planck Institute

2020年のノーベル物理学賞にはブラックホールの研究を評価し、研究者3人が選出された/Getty Images/Max Planck Institute

(CNN) スウェーデン王立科学アカデミーは6日、今年のノーベル物理学賞をブラックホールの研究者3氏に授与すると発表した。

物理学賞の2分の1は、英オックスフォード大学名誉教授のロジャー・ペンローズ氏が受賞した。アインシュタインの一般相対性理論から必然的にブラックホールが形成されることを証明した。

残る2分の1は、独マックスプランク地球外物理学研究所のラインハルト・ゲンツェル氏と、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授のアンドレア・ゲッズ氏が共同で受賞した。両氏は銀河の中心に存在する超大質量の物体を発見した業績が評価された。

ゲッズ氏は女性の物理学者として4人目のノーベル賞受賞者となった。発表を受けて、「自分の仕事のなかでも教えるという側面にかつてないほどの情熱を感じている」「若い世代に向け、疑問を抱く力と考える力が世界の将来を左右することを教えるのはとても重要なことだ」と語った。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年の授賞式はオンライン方式で開催される。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]