胸部を撃たれた女性、シリコン埋め込みのおかげで命拾い カナダ

至近距離から撃たれた女性が、胸部内のシリコンバッグのおかげで一命をとりとめた/SAGE Journals

至近距離から撃たれた女性が、胸部内のシリコンバッグのおかげで一命をとりとめた/SAGE Journals

(CNN) カナダのトロントで至近距離から銃弾を浴びた女性が、胸部に埋め込まれていたシリコンバッグのおかげで一命をとりとめたという症例が、このほど医学誌SAGEに報告された。胸部のシリコンバッグに命が救われた症例が報告されたのは初めてだったとしている。

医師によると、被害者は30歳の女性で、事件は2018年に発生。詳しい経緯は不明だが、胸部を撃たれて自力で近くの救急外来を受診した。話もできる状態だった。

銃弾は左胸に当たって胸骨を突き抜け、右側の肋骨を砕いていた。シリコンバッグのおかげで銃弾がそれて、心臓などの臓器に当たらずに済んだとみられる。

「左側には心臓と肺がある。もしも銃弾が胸部を突き抜けていれば、はるかに深刻な、恐らくは命を脅かすようなけがをしていただろう」と医師は振り返る。

女性の右胸の下からは、銃弾のような物体が見つかった。女性が誰に銃撃されたのかは不明で、使われた銃も見つからなかった。

医師団は女性のシリコンバッグを摘出し、傷口の手当てをして、抗生剤を処方するなどの処置を行ったと報告している。

シリコンバッグは豊胸手術や乳房の再建手術に使われるもので、米国では生理食塩水を詰めたバッグとシリコンジェルを詰めたバッグが承認されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]