感染拡大止まらぬイタリア、市長が外出の住民を叱責

イタリアでは全国で外出禁止措置を行っているが、これに従わない住民に対して市長らから批判の声があがっている/Marco Di Lauro/Getty Images

イタリアでは全国で外出禁止措置を行っているが、これに従わない住民に対して市長らから批判の声があがっている/Marco Di Lauro/Getty Images

(CNN) 「家に帰れ。これは映画ではない」――。新型コロナウイルスの感染拡大が続き、全土で封鎖措置が取られているイタリアでは、指示を守らず出歩く住民らに対し、地元市長らが厳しい叱責(しっせき)の声を飛ばしている。

南部の都市バーリの市長は先週、住民らに「これは国家の非常事態だ」と強調し、卓球をやめて自宅のゲーム機「プレイステーション」を使えと呼び掛けた。

ソーシャルメディアにビデオメッセージを投稿する市長らも多い。

中部グアルド・タディーノの市長は20日、フェイスブック上のビデオで「私たちは本物の戦争状態にある」と宣言。「家にいなさい。人々が死んでいるのが分からないのか。1日に400人の死者が出ているというのに」と訴えた。

同国では23日までの24時間で601人の死亡が報告され、死者は計6077人に達した。感染者も新たに4789人が確認されて、計6万3927人に上っている。

南部の港町レッジョ・カラブリアでは20日、市長が犬を散歩させている市民を見かけ、SF映画「アイ・アム・レジェンド」で生き残ったヒーローを演じるウィル・スミスではないのだから帰宅しろ、としかりつけたことを報告。市内の道路は警察がドローン(小型無人機)で監視していると警告した。

南部カンパニア州のデルカ知事は、封鎖措置を徹底するためには軍に強い権限を与える必要があるとの考えを示し、「このままだと死者が増え続けるばかりで、皆さんの父母を病院に収容するスペースもないだろう。分かっているのか」と訴えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]