米大都市の大気汚染も改善、衛星画像が映し出す新型コロナ対策の効果

新型コロナ対策によって米国の大気汚染が改善したことが、衛星画像から明らかになった/CNN

新型コロナ対策によって米国の大気汚染が改善したことが、衛星画像から明らかになった/CNN

(CNN) 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて何百万人もの米国人が在宅勤務に切り替え、学校や公共の場も閉鎖される中で、大気汚染が改善された様子を衛星画像が映し出している。

衛星画像は3月の最初の3週に撮影されたもので、前年同時期に比べて米国上空の二酸化窒素の量が減ったことを示していた。米環境保護局によると、大気中の二酸化窒素は主に燃料を燃やすことによって発生し、自動車やトラック、バス、発電所などから排出される。

2019年3月1~19日の全米の様子/SENTINEL-5P SATELLITE/DESCARTES LABS
2019年3月1~19日の全米の様子/SENTINEL-5P SATELLITE/DESCARTES LABS
今年3月1~19日の全米の様子/SENTINEL-5P SATELLITE/DESCARTES LABS
今年3月1~19日の全米の様子/SENTINEL-5P SATELLITE/DESCARTES LABS

ウイルス感染拡大防止のために外出禁止などの厳重な対策を打ち出したカリフォルニア州では特に、二酸化窒素の濃度が目に見えて低下していた。新型ウイルスの影響が大きいワシントン州西部のシアトル周辺でも、過去数週間の二酸化窒素の濃度は大幅に減少した。

2019年3月1~19日のカリフォルニア州の様子/SENTINEL-5P SATELLITE/DESCARTES LABS
2019年3月1~19日のカリフォルニア州の様子/SENTINEL-5P SATELLITE/DESCARTES LABS
今年3月1~19日のカリフォルニア州の様子/SENTINEL-5P SATELLITE/DESCARTES LABS
今年3月1~19日のカリフォルニア州の様子/SENTINEL-5P SATELLITE/DESCARTES LABS
2019年3月1~19日のワシントン州の様子/SENTINEL-5P SATELLITE/DESCARTES LABS
2019年3月1~19日のワシントン州の様子/SENTINEL-5P SATELLITE/DESCARTES LABS
今年3月1~19日のワシントン州の様子/SENTINEL-5P SATELLITE/DESCARTES LABS
今年3月1~19日のワシントン州の様子/SENTINEL-5P SATELLITE/DESCARTES LABS

二酸化窒素の変化を表す画像は、デカルト研究所が加工した衛星画像を使ってCNNが作成した。

大気汚染の改善については、米航空宇宙局(NASA)や欧州宇宙機関(ESA)の衛星画像でも、中国が打ち出した厳重な対策のおかげで二酸化窒素の排出量が激減したことが示されていた。米スタンフォード大学の研究者は、このおかげで5万~7万5000人が早死にリスクから救われた可能性があると指摘している。

NASAの研究者は「特定の出来事のためにこれほど広い範囲で激減が見られたのは初めて」と述べ、「全米で多くの都市が、ウイルスの感染拡大を最小限に抑える対策を講じているので、驚きはない」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]