新型コロナ感染者、発症から死去まで平均「8日間」 イタリア調査

イタリアでの調査によれば、新型コロナウイルスの発症から死亡までの平均日数は8日間だという/Emanuele Cremaschi/Getty Images Europe/Getty Images

イタリアでの調査によれば、新型コロナウイルスの発症から死亡までの平均日数は8日間だという/Emanuele Cremaschi/Getty Images Europe/Getty Images

(CNN) イタリア政府は22日までに、新型コロナウイルスの犠牲者について平均的には発症した「8日後」に亡くなっている傾向があることを明らかにした。

3月17日まで得られたデータに基づく。イタリア国内の感染事例に限ってのデータとしている。

イタリア国立衛生研究所が公表した文書によると、感染者が最初の症状を見せ入院するまで4日間かかり、さらに4日後に死亡する。犠牲者の平均年齢の中央値は80.5歳で、感染者の場合は63歳だという。

死亡者の総数の3割は女性で、死亡時の平均年齢の中央値は83.6歳で男性より高かった。

イタリア政府によると、死亡者の大半は新型コロナに感染する前、2つあるいは3つの持病を抱えていたことが判明。中でも高血圧が最も目立ち、心臓疾患や糖尿病が続いたという。

感染によって生じた合併症で97.2%の割合を占めたのは呼吸不全で、この次に多かったのは肝不全と心不全だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]