マネキンのネックレスを釣りざおで盗み逃走、警察が映像公開 豪

釣りざおを使ってマネキンの首からネックレスを盗み出した男の映像が公開された/Victoria Police/Facebook

釣りざおを使ってマネキンの首からネックレスを盗み出した男の映像が公開された/Victoria Police/Facebook

(CNN) オーストラリア南東部メルボルンの警察は、釣りざおを使って市内の高級服飾店からネックレスを盗んだ男がいるとして、容疑者の行方を追っている。

警察が4日に発表したところによると、男は先月24日午前2時すぎ、高級ブランド「ベルサーチ」のネックレスを盗んで逃走したとみられる。

防犯カメラには、釣りざおを持って店に近づき、人けのない通りを見回す容疑者の姿が映っている。

現地のCNN系列局によると、容疑者は店舗正面のガラス窓に穴を開けてそこから釣りざおを入れ、マネキンの首からネックレスを釣り上げたとみられる。

容疑者はネックレスが「釣れる」まで、3時間ほど試行錯誤を重ねていたという。

店舗のオーナーは同局とのインタビューで、「3時間半もかけて目的を果たしたとはすごい」と語った。盗まれたネックレスの価格は公表されていない。

ただし、犯行現場には釣り針が残されていた。警察は男の画像と映像を公開し、市民に情報提供を呼び掛けている。

容疑者は40~50歳の白人で身長約175センチ。犯行時は青いウィンドブレーカーとグレーのトレーニングパンツを着用していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]