東アジア系留学生、ロンドンで集団暴行の被害 新型ウイルスで募る差別感情

新型肺炎に関連し、英ロンドンに留学する中国系シンガポール人の男性が暴行を受けた/Jonathan Mok/Facebook

新型肺炎に関連し、英ロンドンに留学する中国系シンガポール人の男性が暴行を受けた/Jonathan Mok/Facebook

(CNN) 新型コロナウイルスの感染拡大に関連して、英ロンドンに留学する23歳の中国系シンガポール人の男性が、人種を理由に暴行されて顔面に重傷を負ったと訴えている。

暴行の被害を告発したのはジョナサン・モックさん。フェスブックへの2日の投稿によると、ロンドン中心部の繁華街で現地時間の2月24日午後9時15分ごろ、集団で暴行されたという。

東アジア系の顔立ちをした人に対する嫌悪感情は、英国や世界各国に広がっている。

「男が私を1発殴り、私の顔は(鼻血で)血まみれになった。私を蹴ろうとした男は、『俺の国にお前のコロナウイルスはいらない』と言った」。モックさんはそう書き込んだ。

医師の診察を受けたところ、顔面に複数個所の骨折があり、再建手術が必要になるかもしれないと診断されたという。

ロンドン警視庁はこの事件について、人種に根差す暴行事件として捜査していることを確認した。防犯カメラの映像などを調べているが、現時点で逮捕者は出ていない。

モックさんに対する暴行は、新型コロナウイルス感染が世界に広がる中で、英国で起きた事件の1つに過ぎない。英国のヘイトクライム啓発団体によると、コロナウイルスをもつ中国人と決めつけられて、差別されたり言葉による嫌がらせを受けたりしたという相談の件数は増えている。

米国でも差別が増大する傾向にあり、専門家によれば、東アジア系の顔立ちをした人たちが、無知と誤解に基づく人種差別や外国人嫌悪攻撃の標的にされている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]