人口密集地に航空機が墜落、17人死亡か コンゴ

機体の残骸周辺に集まった人々/DIDIER KAMATHE/AFP/AFP via Getty Images

機体の残骸周辺に集まった人々/DIDIER KAMATHE/AFP/AFP via Getty Images

(CNN) アフリカ中部のコンゴ民主共和国(旧ザイール)で24日、乗客少なくとも17人の乗った航空機が、東部の都市ゴマの人口密集地に墜落した。当局が明らかにした。

地元自治体の発表によると、民間航空会社ビジー・ビーが運航する航空機が24日午前、空港を飛び立って間もなく、ゴマのマペンド地区にある住宅地に墜落した。

死傷者数については当局が情報収集に当たっている段階で、現時点で正確な数は把握できていない。

コンゴ民主共和国では航空機の事故が後を絶たない。同国の民間航空会社はいずれも、安全性に不安があり水準も低いという理由から、欧州連合(EU)領空への進入が認められていない。

ビジー・ビーからのコメントは得られなかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]