コンゴでバス事故、死者31人 大統領は訪日中止

コンゴでバスの事故があり、少なくとも31人が死亡した/Google Maps

コンゴでバスの事故があり、少なくとも31人が死亡した/Google Maps

(CNN) アフリカ中部のコンゴ(旧ザイール)で走行中のバスが道路からそれて爆発、炎上する事故があり、少なくとも31人が死亡した。この事故を受け、同国のチセケディ大統領は予定していた日本訪問を中止した。

ンビカイ人道的活動担当相が21日、CNNに語ったところによると、バスは西部の都市ルフから首都キンシャサへ向かっていた。ブレーキの故障で制御不能となり、横転した衝撃で火が出たとみられる。

乗客の一部は燃料を持ち運んでいたため、火災が大きくなったという。

ンビカイ氏によれば、負傷者は現場近くの病院で手当てを受けているが、設備の整ったキンシャサ市内の病院へ搬送するよう、保健当局が準備を進めている。

チセケディ氏は事故原因の調査を命じ、地元当局に負傷者と遺族への支援を指示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]