海賊が貨物船襲撃、乗員9人拉致 西アフリカ・ベナン沿岸

貨物船が海賊に襲われ乗組員が拉致された/The J.J. Ugland Companies

貨物船が海賊に襲われ乗組員が拉致された/The J.J. Ugland Companies

(CNN) 西アフリカのベナン沿岸で貨物船が海賊に襲撃され、乗員9人が拉致された。同船を保有するノルウェーの商船会社J・J・ウグランが3日に明らかにした。

J・J・ウグランによると、貨物船の「MVボニータ」は2日、ベナン南部コトヌー港で錨(いかり)を降ろして積み荷の石膏(せっこう)を降ろすために入港待ちをしていたところ、海賊が乗り込んできて乗員を拉致した。

残る乗員が地元の当局に通報し、J・J・ウグランの担当者が当局と連携して対応に当たっている。同船はその日のうちに入港した。

海賊の被害については、海事犯罪対策の非営利機関「国際海事局(IMB)」が7月にまとめた報告書の中で、ギニア湾(ナイジェリア、ギニア、トーゴ、ベナン、カメルーンの沿岸)を「世界の海賊の密集地」と位置付け、「西アフリカの近海は依然として、海賊の危険が世界一大きい」と指摘していた。

同報告書によれば、今年1月~6月に海上で起きた拉致事件の73%と、人質が取られた事件の92%はギニア湾で発生していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]