独軍で新型戦闘靴の配給遅れる、有事の備えに批判

ドイツ軍で新しい戦闘靴の配給が遅れて批判の声が出ている/Sean Gallup/Getty Images

ドイツ軍で新しい戦闘靴の配給が遅れて批判の声が出ている/Sean Gallup/Getty Images

ベルリン(CNN) ドイツ国防省は新型の戦闘靴の生産が遅れ、軍兵士の全員への配布は2022年半ばまで延期されるとこのほど発表した。

配布は2016年に始まり、当初計画では来年までに完了する予定だった。配給の遅延に同国野党の政治家らは反発し、有事に備えた軍の態勢を疑問視する見方も出ている。

同省の報道担当者は、生産能力には限界があると指摘。数千足の戦闘靴が同時に生産されているとの現状を説明した。

兵士に新たに配られる戦闘用の靴は頑丈なタイプと軽量などの機能を持つタイプの2種類。軽量なものをこれまで支給されたのは全兵士のうちの約6分の1で、頑丈なタイプはまだ付与されていないという。

最初に頑丈なタイプが配布されたのは兵士総数18万3000人のうちの16万人となっている。

同国の多くの野党議員は近年、戦闘用の靴配布の遅れを非難し、国防省の責任を再三取り上げてもきた。「ハイヒールを履いてハイキングには行けない」などともやゆしてきた。

新型の戦闘靴の開発や配給は、欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会の新たな委員長に今年決まったウルズラ・フォンデアライエン前国防相が仕切っていた。

同氏は国防相を5年務めていたが、国内的には軍の戦闘即応態勢の整備などでの同相の指導力を批判する声が多く出ていた。今年1月に公表された連邦議会の報告書は、防御ベスト、靴、軍服、近代的なヘルメットや夜間暗視装置を備えている兵士は極めて少数との実態を暴露してもいた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]