ロシア、新型無人戦闘機「オホートニク」の映像公開

ロシア国防省は、新型の攻撃型無人飛行機が飛行する様子を収めたビデオ映像を公開した/Russian Defense Ministry Press Service via AP

ロシア国防省は、新型の攻撃型無人飛行機が飛行する様子を収めたビデオ映像を公開した/Russian Defense Ministry Press Service via AP

(CNN) ロシア国防省は10日までに、新型の攻撃型無人飛行機(ドローン)「ハンター」が飛行する様子を収めた短時間のビデオ映像を公開した。

ロシア語では「オホートニク」と呼ばれる大型の無人戦闘機で、同国の国営タス通信によると、軍飛行場で最近実施した初の試験飛行を撮影した。

敵のレーダー網をかいくぐるステルス性能を持ち、最高速度で時速約998キロの飛行を可能にするジェットエンジンを搭載。重量20トンで偵察用機器なども装備出来る。多くの軍用機製造を手がける同国スホイ社が開発した。

今回の試験飛行時間は約20分とされ、ユーチューブで公開された映像にはV字形の機体が離陸、空中での飛行や着陸をこなす姿が映っていた。

今年は追加の試験飛行を重ね、自律飛行の能力開発などを目指すとしている。

ドローンは近代の軍事戦略で不可欠な兵器として位置付けられているが、ロシアはこれまでドローン開発では米国や他国に後れを取ってきた。

英国王立国際問題研究所のロシア問題専門家によると、同国でのドローン開発が本格化したのは10〜15年前。一方、米国による大型の攻撃型ドローンの利用は約10年に達している。

同研究所幹部は、ロシアによる攻撃型ドローンの実戦配備は2020年代後半もしくは30年代初期になると予想。ハンターが戦闘が予測される状況で最初に出動する可能性は少なく、攻撃の第2波などの場面で投入されるともみている。

ハンターの開発については、ロシアの大型の攻撃型ドローンの開発や配備の能力の示威が目的とも分析。ただ、第三国に売却される可能性もあるとした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]