ブラジルの刑務所で暴動、受刑者52人が死亡 

ブラジル・パラ州の刑務所で暴動が起き、50人以上が死亡した/Sandro Pereira/AFP/Getty Images

ブラジル・パラ州の刑務所で暴動が起き、50人以上が死亡した/Sandro Pereira/AFP/Getty Images

(CNN) ブラジル北部パラ州アルタミラの刑務所で29日に暴動が起き、地元当局によると受刑者50人以上が死亡した。

州刑務当局の責任者によると、死者52人のうち16人は首をはねられて殺害された。国営通信アジェンシア・ブラジルはそのほかの死者について、受刑者らが建物の一部に放火したことによる窒息死との見方を伝えた。

受刑者間の派閥抗争が暴動に発展したとみられる。同通信が州当局の発表として報じたところによれば、受刑者の集団が別の派閥の棟を襲撃したことがきっかけになった。看守2人が人質に取られたが、その後解放された。

ブラジル西部では5月、4カ所の刑務所で犯罪組織絡みの暴動が発生し、受刑者55人が死亡していた。「北の家族」と称する麻薬密輸組織の内部抗争だったとされる。

同国の刑務所は犯罪組織への勧誘の場となり、過密状態が抗争の激化を招いているとして、人権団体がかねてから政府の責任を追及してきた。

相次ぐ暴動は今年初めに就任したボルソナーロ大統領が直面する課題の一つだが、犯罪組織の取り締まり強化を掲げる同氏にとっては追い風になる可能性もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]