幼児がクルーズ船から転落死、祖父と遊んでいる最中 プエルトリコ

転落が起きたクルーズ船。7日午後8時半に出航を予定していた/Don Emmert/AFP/Getty Images

転落が起きたクルーズ船。7日午後8時半に出航を予定していた/Don Emmert/AFP/Getty Images

(CNN) 米自治領プエルトリコのサンフアンに停泊していたロイヤル・カリビアンの大型クルーズ船から、幼児が転落して死亡した。地元港湾局が明らかにした。

港湾局によると、死亡したのは米国籍の1歳半の女の子。7日に甲板上のダイニングホールで祖父と遊んでいて、開いていた窓から転落した。祖父は女の子を窓に座らせていて、バランスを崩したという。

女の子の父親は米インディアナ州サウスベンドの警察官だった。サウスベンド警察は、ツイッターに追悼の言葉を掲載した。

死亡した女の子は両親や兄弟姉妹、祖父母とともにクルーズ船に乗船し、米本土からサンフアンを訪れていた。

同船は7日午後8時半に出航を予定していた。女の子が転落したのは午後5時ごろだった。

地元警察は捜査を続けているが、現時点では事故だったと見ている。遺体はサンフアンの法医学局に運ばれた。

クルーズ船からの転落は前例がないわけではない。4日にはキューバ沖を航行していたカーニバル・ビクトリーのクルーズ船から乗員の男性(37)が船外に転落した。米沿岸警備隊が捜索を行ったが、45時間以上たっても発見できなかったことから、捜索は打ち切られた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]