オーストラリアの学生、北朝鮮で行方不明に 2日間連絡付かず

北朝鮮の大学に在学中で消息を絶っているという豪州出身のアレク・シグリーさん/Courtesy of Sigley Family

北朝鮮の大学に在学中で消息を絶っているという豪州出身のアレク・シグリーさん/Courtesy of Sigley Family

(CNN) 北朝鮮で勉強しているオーストラリア出身の学生アレク・シグリーさん(29)の行方が分からなくなっている。家族によれば、2日間連絡が付いていないという。

シグリーさんとは、オーストラリア時間の25日午前以降、「デジタルでのコンタクト」が取れておらず、この状況はシグリーさんにとって「普通ではない」という。

北朝鮮の通信インフラはここ数年近代化が進んでいるものの、世界の大部分と比較して信頼性の面では遅れている。

シグリー家の窓口となっている人物によれば、アレクさんが拘束されたかどうかは確認されていない。

豪州外務貿易省は26日、「北朝鮮で拘束されたとの報道があったオーストラリア人男性の家族」と連絡を取っていると明らかにした。プライバシーに対する懸念から名前には言及しなかった。

シグリーさんは金日成大学で北朝鮮の文学について学んでいる。英紙ガーディアンには北朝鮮での滞在について寄稿もしていた。初めて北朝鮮を訪問したのは2012年で、朝鮮語と中国語に堪能だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]