トランプ大統領に対する信頼度、中国の習主席よりも下 豪州世論調査

豪世論調査で、中国の習近平氏(右)に対する信頼度がトランプ米大統領を上回った/Getty Images

豪世論調査で、中国の習近平氏(右)に対する信頼度がトランプ米大統領を上回った/Getty Images

(CNN) オーストラリア人の中国に対する信頼度が、15年ぶりの低さに落ち込んでいることが、オーストラリアのシンクタンク、ローウィー研究所が同国で実施した2019年版の世論調査で分かった。

それでも中国の習近平(シーチンピン)国家主席を信頼できると答えた人は、米国のトランプ大統領を信頼できると答えた人よりも多かった。

国際社会での責任ある行動について、中国を「大いに」または「ある程度」信頼できるというオーストラリア人は32%にとどまり、2018年の調査に比べて20ポイント減少した。

ローウィー研究所の研究員によると、オーストラリア政治に対する中国の介入や経済支配に関する論議が高まる中で、両国の関係は冷え込んでいた。

中国はオーストラリアにとって最大の貿易相手国だが、中国経済の台頭に対してオーストラリア人が警戒心を強める傾向も浮き彫りになった。

今回の調査ではオーストラリア人の74%が「経済的に中国に依存し過ぎている」と答え、68%は「中国からの投資は過剰」との認識を示した。

習主席については、国際社会での行動について「大いに」または「ある程度」信頼できるという回答は30%だった。これに対してトランプ大統領を信頼できるという回答は25%にとどまり、18年に比べても5ポイント減った。

トランプ大統領より信頼度が低かったのは、ロシアのプーチン大統領や北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長など少数のみだった。

それでも回答者の約70%は、米国との同盟を、オーストラリアの国家安全保障にとって重要な関係と位置付けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]