サウジ、13歳で逮捕の「政治犯」に禁錮刑 死刑は免れる

13歳で拘束の少年に死刑求刑 サウジ

(CNN) サウジアラビアで5年前、活動家の兄に同行したなどとして13歳で拘束され、死刑を求刑されていたムルタジャ・クレイリスさん(18)が、16日までに死刑を免れ、禁錮12年の刑を言い渡された。

事情に詳しい関係者がCNNに語ったところによると、これまでの拘束期間5年と、最後4年の保護観察期間が刑期に算入されるため、2022年には釈放される見通しとされる。

ムルタジャさんはサウジの少数派、イスラム教シーア派の家庭に生まれた。兄のアリさんは東部アワミヤで警察署を襲い、火炎瓶を投げ付けたとされる。アリさんはその後死亡し、葬儀が抗議集会に発展した。

ムルタジャさんは10歳の頃から、アリさんが警察を襲った時のバイクに同乗したり、葬儀に参列したりしていた罪に問われた。拘束当時、弁護士らは同国で収監された最年少の政治犯だと主張し、抗議していた。

本人は自白を強要されたなどとして無罪を主張してきた。

ムルタジャさんの拘束は国際社会から非難され、オーストリア議会はサウジが支援する宗教間対話センターの閉鎖を決めていた。

サウジは世界でも死刑執行数が多いことが知られる。今年4月には、テロ関連の罪で有罪となった37人の死刑を一斉に執行したと発表。処刑されたのはほとんどがシーア派教徒とされ、犯行時に未成年だった受刑者が少なくとも3人含まれていた。

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは16日のツイートで、ムルタジャさんが死刑を免れたことを知って深く安どしていると述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]