UAE沖のタンカー攻撃、「国家」関与の可能性大 国連に報告

UAE沖でのタンカー4隻に対する攻撃の分析結果が国連に報告された

UAE沖でのタンカー4隻に対する攻撃の分析結果が国連に報告された

国連(CNN) アラブ首長国連邦(UAE)沖で5月に石油タンカー4隻が攻撃を受けた問題で、UAEなど3カ国は6日午後、「国家」が関与した可能性が高いとする調査結果を国連に報告した。

調査結果はUAEのほかサウジアラビアとノルウェーが国連安全保障理事会に説明。4隻への攻撃について「洗練された連携作戦の一環であり、高度な作戦能力をもって遂行されたことが強く示されている」とした。

標的となった商船4隻のうち1隻はUAE船籍、2隻はサウジ船籍、残る1隻はノルウェー船籍だった。

米国とサウジは攻撃の背後にイランがいると疑っているが、今回の調査では名指しでイランの責任を指摘することはなかった。

イラン政府は攻撃を非難するとともに、事件への関与を否定している。

サウジのムアリミ国連大使は、イランの責任を証明する「十分な」証拠があるとし、「このような象徴的な攻撃を許容すれば、さらなる攻撃を招くことになる」と述べた。

ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は、イランが背後にいるのは「ほぼ確実だ」と主張。コーエン米国連大使代行はコメントを控えた。

複数の外交官によると、損傷具合の評価や回収された破片の化学分析を行った結果、船底に仕掛けて遠隔装置で起爆させる水雷「リムペットマイン」が使われた可能性が高いことが判明したという。

調査結果は安保理に正式提出される見通しだが、対応策について合意に至るかは不透明だ。ロシアのサフロンコフ国連次席大使は「結論に飛びつくべきではない」としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]