フィリピン、駐カナダ大使を召還 ごみ輸送問題巡り

ドゥテルテ比大統領は、ごみ問題に関する最後通告をすでに突き付けている/AFP Contributor/AFP/AFP/Getty Images

ドゥテルテ比大統領は、ごみ問題に関する最後通告をすでに突き付けている/AFP Contributor/AFP/AFP/Getty Images

フィリピン通信によれば、サルバドル・パネロ大統領報道官はカナダの当局者と会談してごみ問題について協議する予定だったが、相手が姿を見せなかったと話しているという。

「ごみを自分たちの国に戻すことを拒む姿勢は、外交関係を悪化させる」とパネロ報道官は述べている。

フィリピンのテディ・ロクシン外相は、「カナダのごみが同国に輸送されるまで、外交プレゼンスを縮小する」とツイートした。

カナダのグローバル連携省は声明を発表し、カナダのごみをフィリピンから速やかに回収するために尽力していると強調。フィリピン大使の召還に対しては遺憾を表明した。

パネロ報道官によると、ドゥテルテ大統領はごみを巡って7日に最後通告を突きつけ、「もしカナダが回収しなければ、我々が輸送してカナダの沿岸か海岸に投げ捨てる」と宣言していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]