フィリピン地震 死者16人に、スーパー倒壊で不明者も

倒壊したスーパーマーケットで捜索活動を行う救助隊/NOEL CELIS/AFP/AFP/Getty Images

倒壊したスーパーマーケットで捜索活動を行う救助隊/NOEL CELIS/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) フィリピン当局は23日、同国で起きた地震の死者が少なくとも16人に上ったことを明らかにした。

米地質調査所によると、22日にフィリピン北部ルソン島でマグニチュード(M)6.1の地震が発生。さらに23日午後、中部サマール島がM6.3、震源の深さ86.3キロの地震に見舞われた。

民間防衛局が23日に発表したところによると、負傷者は81人に上り、14人の安否が分かっていない。

ルソン島の地震では建物約29棟が損壊した。CNNフィリピンによると、サマール島東部では停電が続いている。

被害の大きかったルソン島パンパンガ州の町ポラックではスーパーマーケットの建物が倒壊し、数十人が死亡または生き埋めとなった。数人が救出されたが、一部の従業員らは安否不明のままだ。

スーパーチェーンのオーナーは警察へ自主的に出頭し、同系列の3店舗が構造を確認するために閉鎖された。

同州のクラーク国際空港は天井の一部が崩落して7人が軽傷を負い、閉鎖された。24日から一部施設の運用を再開すると発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]