ショッピングモール外で爆発 2人死亡、34人負傷 フィリピン

現場に派遣された警察車両。ショッピングモールの外で発生した爆発で2人が死亡した/Jewel Blake H. Lumasag/Facebook

現場に派遣された警察車両。ショッピングモールの外で発生した爆発で2人が死亡した/Jewel Blake H. Lumasag/Facebook

(CNN) フィリピン南部ミンダナオ島のコタバト市で31日、ショッピングモールの外で爆発があり、少なくとも2人が死亡した。

コタバト市警察によると、コタバト市内のサウス・シーズ・モールの外に即席爆発装置(IED)らしき物が仕掛けられていたという。

地元警察の報道官によると、この爆発で34人が負傷し、そのうち3人は重体だという。同報道官は、同ショッピングモールの2階にある手荷物預かり所で別の即席爆発装置が発見されたが、当局によって安全に処理されたと付け加えた。

この爆発を受け、コタバト市は一時封鎖された。封鎖はすでに解除されているが、安全強化のため市内全域に治安部隊が追加配備された。

ミンダナオ島は長年、テロや騒乱に悩まされており、昨年7月にも過激派「アブサヤフ」に関係する武装集団が自動車爆弾で軍の検問所を襲撃し、少なくとも10人が死亡する事件が起きている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]