16~60歳のロシア人男性の入国禁止 ウクライナ

マリウポリ港を警備するウクライナ沿岸警備の兵士ら=28日/Martyn Aim/Getty Images

マリウポリ港を警備するウクライナ沿岸警備の兵士ら=28日/Martyn Aim/Getty Images

モスクワ(CNN) ウクライナのポロシェンコ大統領は11月30日、自国内でのロシアによる「民兵組織の結成」を阻止するためロシアの16~60歳の男性の入国を禁止すると発表した。

ロシアによる2014年のウクライナ・クリミア半島の一方的な併合に似た侵略行為への懸念を理由にしている。

両国間の関係は最近、ロシア警備艇がクリミア半島とロシア南部に挟まれたケルチ海峡でウクライナ軍艦船3隻に発砲、拿捕(だほ)した事件をきっかけにさらに悪化している。ウクライナ政府はこの後、ロシアと隣接する地域に30日間の戦時体制を宣言していた。

ロシア外務省報道官は30日、ウクライナ側の入国禁止措置を受け、同国の「国家としての機能不全」を示すものと非難。ただ、同様の対抗措置を講じることは愚かさにつながるだけだとしてこれを控えることを示唆した。

今回の入国禁止措置は両国国境周辺の住民に不便を強いる可能性がある。これら地域などでの両国間の相互交流は密接で、多数の住民が国境越しに友人や家族を持っているのが実情となっている。

ポロシェンコ大統領は最近、ロシアが国境線で軍事力を構築しているようにみられるとも警告。「ウクライナはロシアとの全面戦争の脅威下にある」とも主張していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]