サウジ記者殺害疑惑、元外交官が「中心的な役割」か 情報筋

サウジ記者殺害疑惑、元外交官が「中心的な役割」か

アンカラ(CNN) サウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された疑惑で、サウジの情報要員で元外交官の男性が「中心的な役割」を果たしていたとみられることが19日までにわかった。トルコ側の捜査状況に詳しい情報筋が明らかにした。

この男性はマヒル・アブドルアジズ・ムトレブ氏で、殺害計画について全面的に把握していたという。

ムトレブ氏は英ロンドンのサウジ大使館で一等書記官を務めた経験を持ち、サウジ情報機関の幹部とされる。ムハンマド皇太子との関係も近く、サウジの情報筋は「王室警護隊のエリート部隊で(皇太子の)身辺警護を担当していた」としている。

ムハンマド皇太子が今年訪米した際の写真では、皇太子のそばに姿を見せていた。

18日には、イスタンブールでのムトレブ氏の足取りを示しているとされる監視カメラの画像もトルコ紙に掲載された。

これによると、ムトレブ氏は2日午前9時55分にサウジ総領事館に到着し、建物内に入っていった。同日午後4時53分には総領事館公邸の前に姿を見せている。さらに総領事館近くのホテルからチェックアウトしているとみられる様子や、午後5時58分にイスタンブールの空港ターミナルに到着した際の画像もある。

4枚の画像について、トルコの政府系紙サバハは治安関係筋から入手したものだとしている。

カショギ氏は米紙ワシントン・ポストのコラムニストで、もとはサウジ政府の内部関係者だったが批判派に転じた。結婚に必要な書類を取るため2日にイスタンブールのサウジ総領事館を訪れて以降、消息不明となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]