金正恩委員長、3度目の訪中 習国家主席と会談

金正恩氏が19日、中国の北京を訪問して習近平氏と会談した

金正恩氏が19日、中国の北京を訪問して習近平氏と会談した

北京(CNN) 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が19日、中国の北京を訪問し、習近平(シーチンピン)国家主席と会談した。正恩氏の訪中は3月の初訪問以来、3回目となった。

現地ではまず歓迎式典が開かれ、子どもたちが中国国旗を振って飛び跳ねる姿も伝えられた。中国中央テレビによると、これに続く首脳会談では、習氏が米朝首脳会談での正恩氏の対応を惜しみなく称賛した。

習氏は米朝会談の結果や、北朝鮮が掲げる経済発展の目標に大きな満足感を示したという。両首脳は中朝関係を今後さらに深めていくことで合意したとされる。

会談の後は両首脳の夫人らを交えた晩さん会が開かれた。

正恩氏の訪中は事前に中国の国営メディアが伝え、中国外務省の報道官も数時間後の記者会見で確認したが、会談などの詳しいスケジュールは発表されていなかった。

専門家らは正恩氏が米朝会談について報告するため、中国を訪れることを予想していた。正恩氏は今回、これまでの慣例に反して訪問を事前に発表することで、普通の国家指導者としての姿を国際社会に印象付けようとしたとの見方もある。

中国は米朝間の緊張緩和を支持する立場を示してきた。米朝会談の会場となったシンガポールへ正恩氏が行くための航空機は中国が提供した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]