自分をレイプした夫を刺殺、19歳妻に死刑判決 スーダン

(CNN) 東アフリカのスーダンで、19歳の女性が自分をレイプした夫を刺殺した罪に問われ、10日、死刑判決を言い渡された。女性はこの男との結婚を強要され、親類に押さえつけられてレイプされたと訴えている。

死刑を言い渡された女性はノーラ・フセインさん。今回の事件は、スーダンが抱える強制結婚と夫婦間レイプの問題を浮き彫りにした。スーダンではわずか10歳で結婚が認められ、夫婦間レイプは合法とされている。

判決が言い渡された10日、同国オムドゥルマンの裁判所にはフセインさんの支持者が詰めかけ、廊下まで埋め尽くした。一方、夫側の遺族はフセインさんの減刑や和解金による解決を拒み、死刑を要求していた。

判決に対し、フセインさん側は15日以内に控訴することができる。

今回の事件は国内外のソーシャルメディアで注目を浴び、「ノーラに正義を」「ノーラを救え」と訴える声が広がった。署名サイトの「change.org」には数千人の嘆願署名が寄せられている。

15歳で強制的に結婚させられたフセインさんは、自宅から逃げ出して3年間、おばの元に身を寄せていたが、だまされて自分の父親に連れ戻され、父親から夫の家族に引き渡された。弁護士によると、フセインさんが夫婦関係を拒んだことから、夫の親戚や兄弟がフセインさんを押さえつけ、夫にレイプさせたという。

翌日、夫が再びレイプしようとしたことから、フセインさんは夫を刃物で刺して死亡させた。助けを求めて自分の両親のところへ行ったフセインさんは、両親によって警察に突き出された。

今回の裁判では、妻は夫に従うものというスーダンの社会通念に異議を唱えたと弁護士は指摘している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]