タイで過去最大規模の麻薬摘発、覚醒剤788キロ押収

押収された膨大な量の薬物の前に立つタイの警察官

押収された膨大な量の薬物の前に立つタイの警察官

バンコク(CNN) タイの当局は3日、北部チエンラーイ県でトラックに積まれた覚醒剤788キロを押収したと発表した。同国で摘発された薬物の量としては過去最大規模となる。

タイ麻薬取締局の責任者によると摘発は軍と警察が実施した。押収物の内訳は「クリスタル・メス」と呼ばれる覚醒剤788キロと、アンフェタミンの錠剤約1000万錠。ティーバッグの中や肥料の包みの中に隠されていたという。

これらの禁止薬物の背後には「14K」と呼ばれる犯罪組織がいると麻薬取締局ではみている。今回押収した全薬物の末端価格は5500万ドル(約59億円)。

タイ当局は3月25日から4月1日まで、麻薬取引を標的にした大がかりな摘発を行ってきた。この間に押収したクリスタル・メスやマリフアナなどの薬物の量は数千キロに上る。一連の摘発により、容疑者11人の身柄が拘束された。

ただ国連薬物犯罪事務所の東南アジア地域代表を務めるジェレミー・ダグラス氏は、相次ぐ大規模な取り締まりにもかかわらずタイ国内の薬物問題は深刻化の一途をたどっていると指摘。「問題の終わりが見えない。地域の各国が連携してこの流れを食い止めなければ、今後も摘発が繰り返され、薬物の生産と需要は伸び続けるだろう」と警鐘を鳴らした。

そのうえで「警察の対応は後手に回っている」とし、組織犯罪への処罰を再検討するなどして薬物の供給源そのものへの対策を講じるべきだとの認識を示した。

2016年から17年にかけ、タイ当局が押収したクリスタル・メスの量は630キロから4160キロと5倍以上に膨れ上がっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]