9年前に盗難のドガ絵画、バス車内で発見 パリ近郊

発見されたドガの絵画

発見されたドガの絵画

(CNN) フランス文化省は25日までに、パリ近郊に停車していたバスの荷物収納室内で9年前にマルセイユの美術館から盗まれていた同国の有名な印象派画家エドガー・ドガの絵画「合唱隊」を発見したと発表した。

税関職員が今月16日、セーヌ・エ・マルヌ地区の停車地区での検査中、見付けたとしている。発表の報道文によると、ドガが1877年に描いた署名付きの作品はスーツケース内にあり、持ち込んだ乗客などは名乗り出ていないとした。

収納室に置いた人物特定の手がかりはつかんでいないとも見られる。

同作品を保有するパリのオルセー美術館は初期鑑定で本物と判断した。報道文はパステル画のこの作品の価値には触れなかったが、約100万米ドル(約1億700万円)との情報もある。盗難は2009年、マルセイユのカンティニ美術館に貸し出された際に起きていた。

作品はオルセー美術館で2019年9月に予定されるドガとオペラの関係をとらえた展示会で披露される見通し。「合唱隊」はドガが踊り手が主体ではないオペラに触発されて描いた唯一の作品で、モーツァルトのオペラ「ドン・ジョバンニ」の場面から着想を得ている。

ドガの別の作品は2008年、覆面姿の窃盗団がスイスのビュールレ財団美術館で開かれていた印象派運動の絵画や彫刻の展示会を襲った際にも持ち去られていた。ただ、セザンヌやゴッホらの絵画を含めた盗まれた作品の全てがその後、取り戻されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]