韓国と北朝鮮でインフルエンザ流行、冬季五輪前に不安も

韓国と北朝鮮でインフルエンザ流行で冬季五輪前に不安も

韓国と北朝鮮でインフルエンザ流行で冬季五輪前に不安も

(CNN) 平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開幕が間近に迫った韓国と北朝鮮でインフルエンザが流行し、選手や観光客の間に不安が広がっている。

世界保健機関(WHO)の23日の報告によると、北朝鮮では昨年12月1日から今年1月16日までの間に12万6574人がインフルエンザのような症状を発症し、8万1640人はA型(H1N1)の感染が確認された。インフルエンザ関連の死者は4人に上り、うち1人は大人、3人は5歳未満の子どもだった。

一方、韓国では12月4日から1月28日にかけ、A型とB型の両方について1250人の感染が報告された。

1月20日までの1週間で医療機関を受診した患者のうちほぼ60%は、インフルエンザの症状を訴えていた。ただ、その前の週の69%に比べると減少している。

南北間ではこれまで人の往来がほとんどなかったことから、北朝鮮からウイルスが持ち込まれる事態も防止できていた。しかし北朝鮮の選手団や応援団が五輪のために韓国入りすれば、感染の拡大を食い止めるのは難しいかもしれないと専門家は危惧する。

平昌のオリンピック村には2月1日、世界90カ国から3000人近い選手団が到着する。

韓国ではソウル近郊の養鶏場で、感染性の高い高病原性鳥インフルエンザ(H5N6)も報告されている。農林畜産食品部の発表によると、これまでに養鶏場で16例、野鳥で10例の鳥インフルエンザが確認された。

政府はウイルスが見つかった養鶏場を隔離して、ニワトリや鶏卵を大量に処分する措置を取っている。これまでのところ、人への感染は確認されていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]