不明アルゼンチン潜水艦、「物音」探知不発 酸素尽きる恐れも

2017.11.21 Tue posted at 11:02 JST

[PR]

(CNN) アルゼンチン海軍は20日、行方不明になった潜水艦「サンフアン」の捜索に当たっている船舶が探知した物音について、サンフアンから発信された遭難信号ではなかったことが分かったと発表した。

同艦が消息を絶つ前に、艦長がバッテリーシステムの故障を報告していたことも明らかになった。艦内の酸素が残り少なくなっている可能性もあり、捜索は時間との戦いになっている。

海軍報道官によると、同艦の捜索に当たっている2隻の船舶が、約200メートルの深さから発信された物音を探知した。この場所は、サンフアンがたどったはずの航路と一致していた。

しかし、捜索を支援している米海軍の対潜哨戒機「P8Aポセイドン」が現場で音声記録を回収して解析した結果、サンフアンからの物音ではなかったと判断した。恐らく海洋生物の物音だったと推定している。

米海軍高官によると、この物音は潜水艦の船体を道具でたたくような音に聞こえたため、当初は潜水艦の乗員が通りかかった船舶に居場所を知らせるため、必死で船体をたたいたのではないかと推測されていた。

サンフアンはアルゼンチン南部のティエラデルフエゴ群島から母港マルデルプラタへ向かう途中、乗員44人を乗せたまま消息を絶った。

海軍報道官によれば、同艦の艦長は消息を絶つ前、バッテリーシステムで「回路のショート」が起きたと報告。これを受けて同艦には、航路を変更してマルデルプラタへ戻るよう指示が出された。こうした問題はよくあることで、乗員は安全だと報告を受けていたという。

メールマガジン

[PR]