バルセロナ・テロ攻撃、これまでにわかったこと

多発テロだった?

まだはっきりとしていない。

カタルーニャ州警察は18日午前、バルセロナから約100キロ離れた沿岸都市カンブリスで発生した事件をテロ事件の可能性があると発表。6人が負傷し、容疑者5人は射殺されたと明らかにした。

警察はその後、カンブリスとバルセロナの襲撃事件は関連性があると見ていると述べた。

それとは別に、17日にはバルセロナ市内の検問所でも警官2人のひき逃げ事件があった。警官は軽傷で、運転手は同市付近で発見された。この事件とテロとの関連性は不明。

バルセロナから約200キロ南西のアルカナルでは16日、民家の爆発で1人が死亡する事件があった。バルセロナのテロに関係すると見られているが、どのようなつながりかは明らかにされていない。犠牲者はスペイン人で、これまで警察の警戒対象にはなっていなかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]