英警察、テロ関連で7人逮捕 実行犯の弟もリビアで摘発

2017.05.25 Thu posted at 10:42 JST

[PR]

英イングランド・マンチェスター(CNN) 英マンチェスターのコンサート会場で起きた自爆テロ事件で、地元警察は24日までに容疑者7人を逮捕し、死亡した実行犯が関与していたとされるテロネットワークの関係箇所を捜索した。これとは別に、リビアでも実行犯の弟が逮捕されたと伝えられている。

米歌手アリアナ・グランデのコンサート会場で22日夜に起きた自爆テロ事件では、子どもを含む少なくとも22人が死亡した。警察は、英国生まれでマンチェスターの大学に通っていたリビア系のサルマン・アベディ容疑者(22)を実行犯と断定。同容疑者は、事件の数日前にリビアから英国に戻ったばかりだったとみられている。

マンチェスター警察のトップは、「我々の捜査対象がネットワークであることは明らか」と言明。ラッド内相は英BBCの取材に対し、情報当局がアベディ容疑者をマークしていたことを明らかにした。

米国防当局者によれば、アベディ容疑者はリビアに3週間滞在し、事件の数日前に英国に戻ったばかりだった。

リビア内務省傘下の武装組織は、アベディ容疑者の20歳の弟が、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」にかかわった容疑で23日に逮捕されたと発表した。弟はリビアでテロを計画していたとされ、兄のアベディ容疑者からの送金を受け取ろうとしていたところを逮捕されたという。

英国の警察や外務省は、リビアでの弟の逮捕についてはコメントしていない。

アベディ一家の友人がCNNに語ったところでは、アベディ容疑者と弟は、英国で犯罪集団に殺害された友人のために復讐しようとしてトラブルに巻き込まれたため、父親が1カ月ほど前にマンチェスターからリビアへ渡航させていた。

父親は息子たちの渡航を阻止しようとパスポートを取り上げていたが、アベディ容疑者はサウジアラビアへ巡礼に行くと言ってパスポートを取り戻し、サウジではなく英国へ戻っていたという。この友人によると、アベディ容疑者の帰国は事件の3日前だった。

メールマガジン

[PR]