インド集団強姦事件、被告4人の死刑確定 最高裁

最高裁は死刑を言い渡した下級審の判決を支持する判断を示した

最高裁は死刑を言い渡した下級審の判決を支持する判断を示した

ニューデリー(CNN) インドの首都ニューデリーで2012年に女子学生が男6人に集団強姦(ごうかん)された事件の裁判で、インド最高裁は5日、被告の男4人に死刑を言い渡した下級審の判決を支持する判断を示した。

CNN提携局News18によると、判断が示された際には法廷内で拍手が起こったという。

被害者の父親は裁判所の前で記者団に、「最高裁が我々の声に耳を傾け、本件での娘の痛みを理解してくれたこと、娘とともに国全体が正義の実現を目の当たりにしたことに非常に満足している」と述べた。

警察によると、この事件では12年12月、ニューデリーで理学療法を学ぶ女子学生が映画を見た帰りのバス車内で、運転手を含む少なくとも6人の男に順番に強姦されるなどしたうえ、友人の男性とともに道路脇に突き落とされた。女性は内臓などに重傷を負い、2週間後にシンガポールの病院で死亡した。

事件を受けてインド全国で抗議が起きたほか、世界中のメディアが大々的に報道。インドで広がる女性への性暴力の問題に光を当てる契機となった。

今回の被告4人は当初、13年9月に死刑を言い渡されたものの、上訴していた。もう1人の実行犯は当時未成年で、死刑判決を免れた。6人目の犯人は収監中に死亡した。

死刑執行はインドではまれ。国際人権団体アムネスティ・インターナショナルによると、昨年は数百人が死刑を言い渡されたものの、07年以降で実際に執行されたのは3件のみだという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]