北朝鮮、武器取引で大規模な制裁逃れ 国連が実態を報告

拿捕された北朝鮮船で見つかった戦闘機=2013年7月

拿捕された北朝鮮船で見つかった戦闘機=2013年7月

しかし報告書によれば、北朝鮮は膨大な数のダミー会社や仲介業者を通じてそうした制裁をかいくぐっているといい、「禁止品目の販売や調達、金融、流通では(北朝鮮の)外交使節が組織的に中心的な役割を果たしている」とした。

16年には金融制裁が強化されたが、北朝鮮はさらに巧妙な手口を使って、公式な銀行ルートや現金、金取引を利用しているという。

昨年8月にはエジプト当局が、スエズ運河へ向かう途中の北朝鮮船を発見。何枚も積み重ねられた防水シートの下に、ロケット式手投げ弾約3万発を含む武器弾薬が大量に隠されているのが見つかった。こうした武器は北朝鮮で製造され、「水中ポンプのための組み立て部品」に偽装されていたという。同船は国連決議で禁止された鉱物も輸送していた

13年にパナマで拿捕(だほ)された北朝鮮船には、北朝鮮からキューバに輸送される地対空ミサイルやMIGジェット機などが積んであった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]