北朝鮮、武器取引で大規模な制裁逃れ 国連が実態を報告

2017.03.02 Thu posted at 13:20 JST

[PR]

香港(CNN) 国連がまとめた報告書によって、北朝鮮が大がかりな犯罪ネットワークを使って武器取引などに関する国際的な制裁をかいくぐっている実態が2日までに明らかになった。報告書は国連安全保障理事会のために準備されたもので、このほどCNNが入手した。

北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件にもし北朝鮮が関与していたとすれば、化学兵器を禁じた国際法に明らかに違反する。しかし、マレーシアの事件も制裁をかいくぐっている北朝鮮にとっては氷山の一角かもしれない。

報告書では、北朝鮮の制裁逃れの手口について「規模も範囲も巧妙性も増している」と指摘し、「軍の暗号通信機器、携帯式地対空システム、地対空ミサイル、衛星誘導式ミサイルなど、これまで報告されていなかった品目」がアジアやアフリカ、中東で取引されていると報告。国連加盟国が制裁を完全履行していないと批判している。

対北朝鮮制裁は2009年の国連決議で強化され、すべての武器の取引が禁止された。

メールマガジン

[PR]