大気汚染が広げる北京の環境格差<2> 「吸う空気」すら異なる

大気汚染を避けるために与圧ドームを用意する学校も

大気汚染を避けるために与圧ドームを用意する学校も

こうした費用がかかるのは家だけではない。北京インターナショナルスクールではスモッグが広がる最中に遊ぶ子どものため、500万ドルをかけて与圧ドームを建設した。

有機食材を自宅に直接配送するサービスを利用する人や、海外旅行で大気汚染を逃れる人もいる。

変わり種では英国から輸入する空気の缶詰が115ドル。汚染対策用のクリームは100ドルを超える場合もある。「大気汚染をつかまえる」と称する高額なお守りまである。

次回「大気汚染が広げる北京の環境格差<3> 経済損失は60兆円」は3月15日公開

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]